読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

3月11日 あの日…

読売新聞の『人生案内』に、被災地の女子大学生から投稿があった。

東日本大震災のあった2011年の、5月23日の記事である。

 

「あの日、私は祖母と一緒に逃げました。でも祖母は坂道の途中で

 『これ以上走れない』と言って座り込みました。

 私は祖母を背負おうとしましたが、祖母は頑として私の背中に乗ろうとせず、

 怒りながら私に『行け、行け』と言いました。

 私は祖母に謝りながら一人で逃げました。

 祖母は3日後、別れた場所からずっと離れたところで、遺体で発見されました。

 気品があって優しい祖母は私の憧れでした…(中略)

 助けられたはずの祖母を見殺しにし、自分だけ逃げてしまった。

 そんな自分を一生呪って生きていくしかないのでしょうか。どうすれば償えますか

 毎日とても苦しくて涙が出ます。助けて下さい」(A子)

 

6年前のあの日、このような厳しい現実が、あちこちに溢れていた。

「人生案内」は一般からの悩みに、識者が答えるというスタイルだが、

心療内科医の海原氏は「お手紙を読みながら涙が止まらなくなりました」という

正直な心境を吐露し、その上で、

「おばあさまの素晴らしさは、あなたの中に受け継がれていることを忘れない下さい。

 あばあさまが生きていたら、かけたい言葉、してあげたいことを、

 周りに居る人たちにかけたり、してあげたりして下さい。

 そのようにして生き抜くことが、憧れだったおばあさまの心を生かす道に思えます」

と結んでいる。

あれから6年…手紙を送ってきた彼女が、苦しみや悲しみに押しつぶされずに

強く生きていることを願って止みません。