読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

日本が誇る 心優しき発明品とは?…

日本が誇る発明品と言われて、パッと思い浮かぶのは

ウォークマン、カラオケ、インスタントラーメン、最近では中国人が爆買いする

ウォシュレット…などなど。

ところが、意外なものが日本の発明であることを、東京新聞のコラムで知った。

それは、目の不自由な人たちのために、歩道に埋め込まれている「点字ブロック」だ。

 

 今からちょうど50年前の1967年3月18日に、

岡山県の盲学校近くの歩道に敷設されたのが最初だという。

発明したのは、岡山で旅館を経営する三宅精一さん(故人)という方で

道路を渡ろうとして車にはねられそうになった視覚障害者を見て

何とか安全に渡れる方法はないかと思案の末、点字ブロックを思いついたそうだ。

三宅さんは私財を投げうって、点字ブロックを普及させた。

それが今や日本だけでなく、世界中で使われ、目の不自由な方々の道先案内として

貢献している。

 

健常者にとって、点字ブロックは決して評判が良くないかもしれない。

足場がゴツゴツするし、雨の日には自転車のタイヤが溝で滑ったりする。

でも、そこは1つ、我々は大きな心を持たなければならない。

何といっても日本が世界に誇る、心優しい発明品なのだ。

点字ブロックの母国”の人間として恥ずかしくないように、

例えば駅のホームなどで、不用意に点字ブロックの上に立ってたり

荷物を置いたりしないよう気をつけたいものだ。