読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

カネの下の平等

今、“バブル”ブームが再燃しているらしい。

バブル芸人の平野ノラなど、1990年頃の華やかなりし時代を

再現したお笑いネタやイベントがウケているそうだ。

さぞ、バブル世代のアラフィフたちが喜んでいるだけかと思いきや

実は、当時を知らない20代、30代の間で盛り上がっているのだとか。

その背景について、きのうの毎日新聞・夕刊に出ていた。

 

『カネの下の平等』

当時の時代を研究するライターが、バブル時代をこのように形容している。

そして、次のような趣旨の話をしていた。

「現代は、消費社会は良くないものとされ、シンプルな暮らしが求められている。

 しかし、それを突き詰めていくと、結局、勝者は『センスの良い人』であって

 持って生まれたもの…例えばルックスの良さだったり、才能だったり、

 恵まれた環境だったりと、どうしても『選民的』になる。

 しかし、バブルの時代は、小金があれば、ブランドものを身にまとい、

 イケイケに振る舞えば、誰もがバブルを楽しめる時代だった。

 つまり『カネの下での平等』があった」のだと。

 

鋭い指摘だと思う。

バブルが崩壊後「あの時代は間違っていた、無かったことのようにしよう」と、

とかく悪く言われがちなバブルだが、決してマイナス面ばかりではなかった

ように思う。

派手で、元気で、上昇気分いっぱい、欲望を隠さず力強く生きる人たちがいた。

選民的な差別のない、自由な雰囲気が漂っていた。

何かと息苦しい現代にあって、そうしたバブルのムードに

今の若い世代が憧れる理由があるのではないだろうか。