読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

野草のアザミに注目!

コーヒー豆や茶、カカオに含まれるカフェイン。

これらの植物が、なぜカフェインを含むかと言うと

抗菌作用があるからだそうだ(きのう読売新聞・夕刊)

寄ってくる害虫や細菌から身を守るための作用が、カフェインにはある。

そして、カフェインを人間が服用すると

『眠気を払う』という思わぬ“副作用”を発揮するのだ。

 

原っぱなどでよく見かける『アザミ』という野草がある。

赤紫色の花が咲く多年草で、茎や葉に鋭いトゲがあるのが特徴だ。

そのアザミの中に含まれる『タキシフォリン』という成分が

植物にとって何の役に立ってるか定かでないが、

人間にとっては、アルツハイマー病の予防になることが研究で明らかになった。

 

認知症は、脳の血管に異常なタンパク質が蓄積することで起きるが、

タキシフォリンは、そのタンパク質の蓄積を防ぐ効果があることが

マウスの実験で確認された。

研究センターの医師は「アルツハイマー病の治療につながると考えている」と語り

今年度中の治験を目指すそうだ。

こういう”副作用”なら、大歓迎だ。