読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

人生、楽しんだ者勝ち!

80代の女性からのお悩み相談(きのう・読売新聞「人生案内」)

内容をかいつまんで紹介すると…

「子どもたちは独立し、夫はすでに他界しています。

 何の病気も、痛いところもなく、毎日、午前中に散歩、掃除、洗濯などを済ませ、

 午後は健康マージャン、夜は読書を楽しんでいます。

 決して裕福ではありませんが、お金に困ることもありません。

 でも、空しい…自分はこの世に必要とされていない存在です。

 まさに死を待つ身ですが、残された日々をどのような心持ちで

 生きていけばよいでしょうか?」

という相談事だ。

 

まず、この投稿を見た人の多くが

「なんて幸せな老後なんだ」と思ったのではないか

行間からは、きっと彼女は自分の人生を誠実に、きちんと生きてきた

素敵な女性なんだろうなあ…という印象が伝わってくる。

だから、子どもたちも立派に自立し、夫も看取ることができた。

80歳を過ぎて病気1つないなんて、

彼女は、恵まれた老後を過ごしてる1人ではないだろうか。

 

おそらく「心の持ちよう」の問題だと思う。

そもそも、この世に必要とされている人間なんて、どれほどいるのだろうか?

そりゃ会社や一部の仲間内で、必要とされている人はいるかもしれないが

それがイコール「この世に必要とされている」とは限らない。

私がやってる報道関連の仕事も、果たして本当にこの世に役立っているのか

実はただ社会をかき回してるだけで、この世にとってはマイナスかも

しれないと思うこともしばしばだ。

実際、自分がこの世に必要とされている存在かどうかなんて

疑問が大きすぎて、後世になってからじゃないと判断できないのではないだろうか。

 

その日の読売新聞の前ページを見てたら、漫画家の弘兼憲史さんの

インタビュー記事が出ていて、その中で彼は『人生、楽しんだ者勝ち』と

語っていた。

また人生案内のアドバイザーの精神科医さんも

大事なことは「生きることを楽しむこと」だと書いていた。

どうぞ、残りの人生を思いっきり楽しんで

老若男女いろいろな人たちと接して頂きたいと思います。

人と人とは、接しているだけでも多くの影響を与え合うものだ。

まして彼女のような素晴らしい女性ならば、尚さらと思う。

もしかしたら、そのことが、一番この世に必要とされる存在になるチャンス

なのではないだろうか。