読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

動く防犯カメラ

千葉県松戸のリンちゃん殺人事件で、渋谷容疑者(46)が逮捕された。

渋谷容疑者は、リンちゃんや自分の子どもが通う小学校の保護者会会長で、

毎朝「見守り隊」と称し、通学路の見張りをやっていたというから

あきれてしまう。

大好きな少女に接近するために、善人ぶって、毎日、通学路に立ち、

「おはよう」「お帰りなさい」と声をかけ、子どもたちを信用させる。

そして、ある時、好みの女の子を言葉巧みにクルマに連れ込み、豹変するのだ。

極悪人だ。ヤクザ、暴力団なら最初から悪そうにしてるから、分かりやすい。

この手の人間は、いい人を演じ、もしかすると自分も善人だと思い込んでたり

するから、本当にタチが悪い。

16日の産経新聞によると、渋谷容疑者は地元の名士で、複数の不動産を所有し

自宅のある4階建てマンションも親から相続、他に仕事をしなくても

十分な収入はあったそうだ

一方で、彼の知人の話として、渋谷容疑者は俗に言う「ロリコン」趣味があり、

少女の裸のシーンが登場する、成人向けのコミックを愛読していたそうだ。

 

今回の犯人逮捕に、大きな役割を果たしたものがあるそうだ。

それは車載カメラ、つまりドライブレコーダーだ。

捜査員たちは通学路周辺で検問を行い、ドライブレコーダーの画像をかき集めて

地道な作業で、通学路以外を歩くリンちゃんらしき女の子を発見、

犯人特定に一役買ったという。

ドライブレコーダーは『動く防犯カメラ』とも言われているそうだ。

こうした防犯カメラをあちこちに設置することで、

「街に死角を作らない」という対策法もあると思う。

犯罪者が、誰にも見つからずに犯行に及ぶことなど到底できない、

犯行をあきらめさせる環境を、つくることも大事だと思う。

もっとも、行き過ぎた監視社会で、国民の自由と権利が奪われるのは

願い下げだが…