読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

居留守による再配達

ひとり暮らしの若い女性や高齢者は

突然、家にやって来る宅配業者に、少なからず恐怖を感じるものらしい。

「宅配便です」

「本当かしら?…宅配を装った不審者かもしれない」

そう思って「居留守」を使い、ドアを開けない人も少なくないのだとか。

特に、夜の配達には「絶対出ない」という人も多い。

とりあえず不在通知を受け取ってから

自分の指定した時間に来てもらえば心配ない…ということらしいが

再配達が増えるワケである。

昨日の毎日新聞の記事によると

1日およそ2万件が『居留守』による再配達を余儀なくされている。

 

何か良い対策はないのだろうか?

そもそも、夫婦共稼ぎ世帯が増え、

子供も塾通い等で夜まで帰ってこないような今の時代に、

宅配業者が、飛び込みで荷物を配達するのはどうなのか?

それは業者の都合であって、不在である確率が高いのはしょーがない気もする。

むしろ、最初から指定日配達してはどうか?

配達前にネットか何かで届け先に連絡を入れて、配達日を決めてもらう。

そしたら、重労働で、なり手がいない宅配業者も楽になるだろうし

女性も居留守を使う必要がなくなるのではないか