読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

「コンビニ無人化」の時代は来るか?

2025年だから、大阪万博が開かれる(…かもしれない)頃の話である。

 

コンビニの大手5社が、2025年までに

全商品にICタグを貼りつけて「レジの無人化」を目指すという(きのう・東京新聞

ICタグだと、店員が商品のバーコードをピッと読み取る手間が省け

買い物カゴを指定場所に置くだけで、会計してくれる。

こうしてレジ業務を簡素化し、棚卸しなどの商品管理も合理化されることで

「人手不足が解消できる」とコンビニ各社は歓迎しているが

客の立場からすると、はたして本当にそうだろうか?

 

よく行くスーパーに、最近、セルフレジができた。

レジにいる店員さんが、カゴに入れた商品を会計した後

「支払いは機械でお願いします」と言われる。

その機械に、清算金額が表示されて支払いを済ますのだが、

お札と小銭を、別々の財布に入れてる私なんかは

小銭を探してモタモタしていると、

「お金を入れて下さい!」と、10秒おきぐらいに矢のように催促され

ウンザリしたことがある。

レジの無人化は、どうにも味気ない。

機械に「お金を入れて」とせかされるほど、頭にくることはない。

私の行きつけの某カフェでは、

お釣りを渡す時、さりげなく手を添えてくる若い女性がいるが

そのたびにドキドキして、オジサンを良い気分にさせてくれる。

もう50過ぎだから、若い子と変なことになることはない

(こっちがその気でも、向こうは相手にしてくれないだろう…)

でも、ただそれだけで「また来よう」という気持ちにさせてくれるのだ。

別に手を握ってくれなくても、笑顔を投げかけてくれるだけでも十分だ

やはり、サービス業は「フェイスtoファイス」が基本だと思う。。

 

2025年、はたして無人のコンビニに、人は集まるだろうか?

まあ、せめて人間そっくりの可愛いヒューマロイドが

明るく出迎えてくれるなら、いいかなあ、とは思うが…