読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

近未来、遺影の写真が “人形”に変わる?

「遺影」とは、『故人の生前の姿をうつした写真や絵』と辞書にあるが

 十数年後の未来、その定義に「人形」が加わるかもしれない。

…と言っても、ただの人形じゃない。

超ハイテク人形だ。

そう思えるぐらい、今、科学の進歩が進んでいるのだ。

 

ある日本の会社が、3Dプリンターを使って

故人の生前の姿を、完全に複製した人形をつくるサービスをはじめ、

「写真よりリアルで、より故人を偲ぶことができる」と人気だという。

さらに、昨日の新聞には、海外企業のディープマインド社が

「どんな人の声も、真似ることができる」という音声合成技術を

開発したというニュースが出ていた。

故人そっくりの人形に、故人そっくりの声を出すようにして

さらにAI(人工知能)を搭載し、故人の性格やしゃべり方を教えこませ

会話できるようにしたら、どうなるだろうか?

もはや故人が、まだ生きてるかのように

身近に感じることができるようになるだろう。

 

さて、問題は…それで、人は幸せになれるのか?

私は、十数年前に妻に先立たれたが、

もし同じような境遇の人が、再婚を考えはじめた時

遺影のAI の人形に「私を捨てる気?」と、後ろ髪を引っ張るようなことを

言われたらどうするのか?

また人によっては、再婚するより、その人形と生きて行く道を選ぶかもしれない。

 

故人のことを忘れて(忘れるのが無理なら、胸の奥深くにしまっておいて)

新しい一歩を踏み出すことも大事だと思う。

そういう意味では、遺影は、時間と共に色あせていく写真ぐらいが

ちょうど良いのではないか。