読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

二度目の19才

昨日の毎日新聞(夕刊)に、名古屋に住む66歳のクリスチャン女性・Aさんが

東京拘置所に服役している死刑囚(42歳・男性)と

交流を続けているという記事が出ていた。

当時19才だった彼は、1994年、仲間数人と、通りがかりの男性にインネンをつけ

暴行後、殺害をした(大阪・愛知連続リンチ殺人事件)

彼は、逮捕から4年後の98年、突然「聖書を学びたい」と言い

Aさんが手を挙げて、それから今日まで、交流を続けている。

記事によれば、彼は、生まれてすぐに実母と死別している。

その後、家に来た養母から、煙草の火を押し付けられるなどのヒドい虐待を受けた。

こうした彼の生まれ育った境遇が、少なからず犯行に影響してるのではないだろうか

 

Aさんは、最初に面会した時、彼にこう言われたという。

「自分は簡単には変われない。今が0才だと思ってほしい」

この言葉は、彼が、自分のことを冷静に見ていて、

自分自身をよく分かっていることを示していると思う。

『罪を憎んで、人を憎まず』とよく言う。

彼のやったことは絶対に許されるものではないが

その犯行の根底にあるものは、彼の『無知』ではなかったか。

「お前は根っからの性善説の信奉者で、犯罪者に対する認識が甘い」と

言われるかもしれないが、あえて私は思いたい。

彼が、生まれつきの「犯罪者」ではない。

だから、きちんとした親がいて、愛情をもって育てていたら、

彼は、殺人など犯さなかった。

むしろ、彼の周りにいた大人、特に父親の責任は重い。

母親がいなくても、父親がもっと愛情を注いであげていれば

彼は死刑囚などにならずに済んだはずだ。それが、悔やまれてならない。

今、二度目の“19才” になった彼が、どんな人間に育っているのか

記事は伝えていないが、彼はAさんのことを「おかん」と呼んでいると

書いてあった。