読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

オシドリ夫婦の実態は?…

仲の良い夫婦のことを、よく「オシドリ夫婦」と言うが

生物学者によると、実際のオシドリのつがいは

それほど仲が良いワケではないそうだ(きのう・朝日新聞福岡伸一動的平衡」)

 

オシドリのオスは、たえずメスに寄り添って、他のオスや天敵が近づこうものなら

オスはまさに命懸けでメスを守る…

これは間違ってない。ただ、その夫婦付随の姿を見せるのは、メスが卵を産むまでで

産んだ後は、オスは卵を温めることもないし、ヒナの面倒を見ることもない。

それどころか、出産後のメスにもはや興味を示さなくなり、

他のメスを追いかけ始める。

一方、メスの方も子育てが終わると、他のオスとパートナーを組むそうだ。

まさにオシドリ夫婦は、つかの間の愛であり、

もっと極論すれば、”カラダだけの関係”とも言える。

 

私が子どもの頃(おそらく70年代…)、オシドリは生涯つがいで過ごし

どちらかが死ぬと、残された相方は、その亡き骸からずっと離れない…

と聞かされて、子供心に感動したものだ。

 

オシドリ夫婦」というワードは、今もテレビなどでよく使われている。

 この言葉がいつ頃、生まれたかは知らないが、

 オシドリの実態が明らかになった以上、あまり使わない方が良いのでは

ないかと、私は思う。

やはり実態にそぐわない言葉は、歓迎できない。

まあ、オシドリのつがいの実態が広く認知されるようになれば、

オシドリ夫婦」は 早晩、廃れていくような気もするが…