読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

「こどもの日」に思う

5月5日の、こどもの日。

 東京新聞のコラムに、映画『フレンチ・コネクション』や『スケアクロウ』で

有名な俳優、ジーン・ハックマンの子どもの頃の話が出ていた。

 彼が13歳の時、父親が突然、家を出ていった。

 ハックマンはインタビューでこう語っている。

「通りで友達と遊んでたら、父親が車で通りかかった。

 こっちに向かって何か手を振っているようだ。

 父親はそのまま二度と帰ってこなかった」と語った。

 そして、涙で声を詰まらせた。

そのあと質問者に「失礼、たった65年前のことだったので…」と詫びた。

ハックマンにとって、父が失踪したことは

65年の月日が流れても、忘れることができず

まるで昨日の出来事のように、鮮明に胸に刻まれていたのだ。

 

日本でも、子どもに対する虐待やいじめは後を絶たず、

子どもが犠牲になる事件も少なくない。

子どもの時に受けた傷は、大人になっても癒えず

もしかしたら、この子の将来を左右するかもしれないほど

重大な疾患となり得るのだ。

どうか、すべての親は、65年後の我が子が、

親のことで苦しまないように、肝に銘じてほしいと願う。