読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

セルフGSの舞台裏

何処でも見かけるようになったセルフのガソリンスタンド(GS)

きのうの読売新聞に

茨城県内のセルフGSの従業員が、ガソリンを入れにきたお客の監視を

 怠っていたとして業務改善命令が出た』

というニュースが掲載された。

どういうことだろう?

私もよくセルフのスタンドを利用するが、店員が出てきたことはなく、

勝手に自分で機械を操作して、自分でクルマに給油している…と思っていた。

だが、実はそうではなかったのだ。

GS内の事務所にいる店員が、天井などに取り付けられたカメラを使って

私たちを監視していたのだ。

『ガソリンを給油する時に煙草を吸っていないか?』

『コイツにガソリンを売って大丈夫か?』…等々

そういう諸々を監視して、店員が「売ってよし!」と判断したら

給油の許可ボタンをポチッと押して、はじめて給油がはじまる。

 

そういえば、あることに気がついた。

セルフのGSで、給油ノズルのトリガーを引いてから

実際にガソリンが流れてくるまでに、妙な“間”があることを!

たぶん、その数秒のあいだに、店員が、給油の許可ボタンを押していたのだ。

 

摘発された茨城のスタンドは、独自の装置を開発して

お客が確認ボタンを押せば、店員が許可ボタンを押さなくても

自動的に給油がはじまる仕組みをつくった。

もちろん人件費の削減のためである。

 

思わぬ形で、監視社会の一端が明らかになった。

無人」をうたっている場所でも、実は誰かに見られてる?…