読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

月9が30周年

フジテレビの「月9」ドラマが

今年4月で、30周年を迎えるという(12日毎日新聞・夕刊)

東京ラブストーリー」を始め「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」

ロンバケ」…など数え上げたらキリがないほど

数多くの名作ドラマを生み出してきた。

しかし、最近は視聴率が10%を切ることも多く、

4月から始まった、嵐のメンバーが主演するミステリー仕立てのドラマも

苦戦しているとか。

 

一貫して、若者向けのドラマを制作してきた月9だが、

ドラマに詳しい放送作家は「昔と今の若者の志向が変わってきている。

フジテレビが月9を美化しすぎてるかも」と書いている。

若者が、恋愛にあまり関心を持たなくなったと言う評論家がいるが

去年放送したTBSの『逃げるは恥だが役に立つ』は

平均で15%、最終回は20%以上のの高視聴率をとっているから、

一概にそうとは言い切れない気もする。

要するに、かつての月9のような、例えば

「僕は死にません、あなたが好きだから」とか

「完治、セックスしよ!」とかいう

この手の熱い台詞は、今の若者にはリアリティがなく、もっと言えば

憧れもなく、“心に響かない”ということなのだろう。

よほど、『逃げ恥』の台詞、例えば

「みくりさん、きちんと入籍して、結婚しましょう」

というフツーっぽい言葉の方が、現実味があって響くのかもしれない。