読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

核なき世界と日米安保のはざまで…

きょうは聖教新聞から。

どういう理由か、一家聖教新聞を3部とっている知り合いがいて、

その方のご好意で、1部をうちのポストに入れてもらっている。

新聞には、創価学会のいろいろな活動報告が載っていて、

おもに平和と教育、社会奉仕、人民救済などに力点を置いていることが分かる。

 

3月31日の一面に、創価学会インターナショナルSGI)が

宗教間の壁を超えて「核兵器を憂慮する宗教コミュニティー」に参加し

国連の『核兵器禁止条約』の制定に賛同しているという内容の記事が出ていた。

しかし、日本政府は、米国に配慮してか、この条約には反対している。

核兵器保有国と非保有国の溝を深めるだけ」というのが外務省の見解らしいが、

公明党も加わっている政府与党と、その母体である創価学会の意向が

180度違うのには驚いた。

唯一の被爆国で、多くの日本人が“核なき世界”を望んでいるにもかかわらず

アメリカの“核の傘”に守られている手前、条約に賛成できないというのは

どうにも合点がいかない。

もちろん難しい判断であるとは思うが、日本人のアイデンティティが問われている。

どうか、ここは政府与党である公明党を動かしてでも、

7月に再開される『核兵器禁止条約』交渉には毅然と、

前向きに取り組んでもらいたいものだ。