読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリー・トピックス

様々なニュースから、家族や恋人との話のネタになるようなものを月ー金でアップしてます

父と娘

 

読売新聞の「人生案内」は、様々な年代の悩みごとが紹介されていて

 今の時代を生きる人たちの人生模様を浮き彫りにしてくれる。

 昨日は、50代の主婦からの相談だった。内容を要約すると…

 『80代半ばの父には、今まで二世帯住宅を建ててもらったり、

 2人の息子たちの面倒を見てもらったり、生活全般にわたって

 助けてもらってきました。

 時には喧嘩もしたけど、一緒に旅行に行ったり、食事を共にしながら笑い合ったり、

 ほとんどが楽しいこと思い出ばかりです。

  その父が高齢になって、突然倒れて、病院に運び込まれたりするようなことがあり

  そのたびに私は押しつぶされそうになります。今は施設に入ってますが、

  父にその時が来たら、私はボロボロになって壊れてしまいそうで…

  どうか、今後の心の持ちようを助言して下さい』(東京・O子さん)

 

さぞ、素敵なお父さんなのでしょう

記事の文面から、父と娘のこまやかな情愛が伝わってきて、心が震えた。

 前に、20歳の家出娘のことを書いたが、彼女は物心ついた時には父は家におらず、

 「今さら父に会いたいと思わない」と語っていた。

 父と娘の関係が疎遠になりがちな今日にあって

まずO子さんは、心から慕うことができる父親がいたことを

幸せに思わなければならないと思う

お父さんが、長きにわたり、そばにいて自分を支えてくれたことを

幸せに思うべきでしょう。

彼女が辛く、悲しいのは、愛情が深いゆえです。

「心から愛する人と生活を共にし、生きていく」

それが、幸せだと私は考えている。

その愛する人がこの世を去ろうとしている。

悲しいのは当然です。

今まで自分を支えてくれた父親に感謝し、

そして、残された時間を、父親のためにできることをしてあげて

 悔いを残さないようにすることだと思う。